記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

剣舞草Zカミツルギ

 ブログを書きたい欲が痺れを切らして7世代初投稿です。(以下常体)

kartana.gif
*カミツルギ@クサZ
陽気:139(36)-218(132)-152(4)-*-65(108)-173(228) 
技構成:リーフブレード/スマートホーン/剣の舞/聖なる剣
【調整】
[A] 草Zで等倍B121に178~(ASメガガルーラが高乱数1発) 
剣舞草ZでH227-B189クレセリアに228~(確定1発) 
[B] 特化メガボーマンダ(A216)の捨て身タックル耐え 
[D] C200カプ・テテフのフィールド下サイコキネシス耐え  
[S] 準速メガボーマンダ抜き

 **
 ガルーラ入りのスタンにかなり刺さると思い考察した。上記の調整は当初はボーマンダの攻撃を耐えても対面で勝てる訳では無い為不要な配分だと感じ、選出を対ガルーラ系統に搾る予定だった。しかし取り巻きのマンムーやレヒレ、ナットレイ等に強く、また一度しか打てないZ技持ちの選出を二極化したくなかった為単体考察としては出来る限り出せるような配分を意識した。特にカミツルギにはビーストブーストもあり、Z技を通せた時のパワーが高いので積極的に出していきたい。通りにくいが出せなくもない(ウルガ)マンダにはステルスロックが刺さるので構築に組み込むとより使い勝手が良くなると思われる。
 ガルーラに対する与ダメが控えめなのはガブより早く、ある程度の耐久を持たせることと両立不能だった為H振りを狩れないのであれば割り切ってASまで落とせれば良いと思ったから。スカーフテテフを考えない(バトン前提等で不要)のであればAS特化でも構わないと思う。
 第七世代が始まって以来何かと頭からこびり付いて離れないポケモンなので沢山考察していきたい。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。